記事の詳細

ペットの健康は飼い主の喜びと安心でもあります。いつも元気に過ごしてもらうために毎日飼い主ができる5つのチェック方法があります。

栄養の源、食事内容をチェック!

時代と共にフードも変化

数年前まではペットの食事といえばドッグフードやキャットフードなど生体種類に応じたフードが一般的でしたが、飼い主のペットに対する健康意識が高まったことにより、品質にこだわったフードが数多く販売されるようになりました。

飼い主もフード選びの幅は広がってより良いものを選べる時代となりました。ここ数年は手作り食を与える方も増えてきています。
市販のペットフード、手作り食とどちらも食事ですが、ペットの健康を維持確保するにあたり大事なポイントとなるのは栄養バランスです。

食事のチェックポイント

ペットの個体やアレルギー特性などを把握した上で選ぶことが大事なチェックポイントとなりますが、いつも同じ食事内容ではなくアレンジを少しずつ入れていくこともチェックポイントとなります。

もし自分がペットなら同じ食事を何日も、何年も食べていくなんて考えられないからです。

皮膚と毛並みから健康をチェック!

毛並みの輝き

毛並みからも健康状態を知ることができます。お手入れでブラッシングをする時だけでなく、「おりこうさんね」「よくできました」などなど、スキンシップで声かけと同時に体を撫でてあげる時に毛並みをチェックするのが毎日できるコツです。

チェックするポイントとしては昨日と比べて今日の毛並みはどうか?いつもより抜け毛が多く感じられるか?ツヤはどうか?が主なチェック箇所です。

皮膚のハリ具合

ペットが嫌がらない程度で皮膚を摘んで持ち上げた時の伸び具合で皮膚のハリをチェックすることができます。水分や栄養が足りていない時は皮膚にもハリがないのが感じられます。皮膚にハリがなければ毛並みにも輝きが感じられなくなってくるので、皮膚のチェックが何よりも大事であることがわかります。

毛並みのチェック同様、毎日のスキンシップでチェックすることがポイントです。

目の動きと輝きから健康をチェック!

眼力を感じる

飼い主と目を合わせられるペットや、合わせられないペットがいますので、目を合わせる必要はありません。目は唯一外に出ている臓器でもありますので、エネルギーは他の臓器よりも高いと感じています。

その目が生き生きとしているか?目で訴えてくる力はあるか?といった部分を毎日チェックすることがポイントです。

潤いのある瞳

目に適度な潤いがあるかをチェックすることも大事なポイントです。目で訴えてきた時にウルウルしている姿を見て「かわいい〜」と感じるのと同時に健康状態はどうかな?という観点を加えると毎日チェックすることができます。

目に潤いが無い、逆にありすぎる時は目の疾患を早めに察知することができます。

大・小それぞれの排泄物をチェック!

大の状態

匂い、大きさ、量、色、硬さ、柔らかさ、回数、など様々なポイントがあります。そして毎日同じものは出てきません。

心身共に健康状態が安定していて規則正しい生活をしていればある程度は同じ状態の大になるかと思いますが、全く同じものはないでしょう。
毎日作り出される大の状態をチェックするのは健康管理の重要チェックポイントです。

小の状態

匂い、色、量、回数 と大に比べるとチェックポイントは少なくなりますが、その分チェック内容をじっくり観察することができます。

大と違って小に関しては、動物特有のマーキング習性があることや、雌に関してはヒートは出産前後などペットの性質やライフスタイルも考慮した上でチェックするのがポイントとなります。

コミュニケーションから健康をチェック!

食事、体、体から出された物をチェックするだけでは全てのチェックとは言えません。健康状態を1番よく知っているのは本人なのですから。
ですので、最終的に健康状態を確認するのはペット自身に聞いてみるのが1番なのです。

ペット自身に聞いてみることはペットとの大切なコミュニケーションであり、飼い主から話しかけられるだけでなく体の状態や気持ちの状態を聞いてくれることはペットにとって幸せなひと時でもあります。人も自分のことを心配して気遣ってもらうと嬉しくなりますよね。ペットも人間も同じ動物ですので、同じ心理があるはずです。
毎日話しかける時に「体調どう?」「今日は元気いっぱい?」など気軽に聞いてみるのがポイントです。

この5つの毎日できるチェックは健康をチェックするだけでなく、ペットとの信頼関係や絆を深めるチェックでもあるのです。

関連記事

最近のコメント

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る