記事の詳細

いつもいつもかわりばえしない食事ばかりだと飽きてしまうのは猫も人間も同じです。
人間たちほどではありませんが、猫のフードにもさまざまな種類があります。
分類は水分量や栄養価によってさだめられています。

食欲不振の猫であってもふだんと違う食感や香りのフードを前にすると、食欲が戻ってくることもあります。食いつきが悪くなった猫などにはバラエティ豊かな食事内容にしてあげることがが効果的です。

愛猫の好みに合わせて与えるのもよいですが、まずは飼い主がそれぞれのメリット・デメリットを見極めることから始めることをおすすめします。

水分含有量による違い

浜辺の透き通った綺麗な海水

ドライタイプ

もっともポピュラーなタイプではないでしょうか。
フードの水分含有量が10パーセント以下にとどめられた製品をさします。
これは水分が13パーセント以上のフードになると、カビの発生が懸念されるためです。
封を開けた直後から酸化しだすため別途の容器で密封する必要があります。直射日光も大敵です。
乾燥しているため他の種類のフードよりも長期保存が可能です。

比較的安価でありながら高い栄養価を保つことができるため、日常の食事として多くの飼い主さんが採用しています。適度な堅さは歯にべたついたりしづらいため、歯周病をはじめとした歯の病気の予防にもなるといわれています。

便の状態も変化を少なく保つことができるため、室内飼いの猫には特に好まれています。
乾燥しているためカリカリとした食感で、「カリカリ」と呼ばれることもあります。

いいこと尽くめのように思えますが、水分が少ないフードのため、水をたっぷりと与えるように気をつけなければいけません。また、手軽だからといって与えすぎると肥満の危険性もあります。

セミモイスト(セミドライ)タイプ

セミモイストとは半生であることをさします。
水分含有量が25パーセントから30パーセントであることが条件です。
食感はドライタイプとウェットタイプのちょうど真ん中くらいです。
あごの力があまり必要ないため、子猫や老犬にも優しいつくりになっております。

柔らかいため歯に歯垢がつきやすく虫歯や歯周病に注意する必要があります。
品質を安定させるために、さまざまな添加物が使用されていることも留意しておいてください。

ドライフードをお湯につけて適度にふやかせば、セミモイストフードと同じような食事をつくることができます。長く新鮮さを保つことはできないので食べきりで準備してあげましょう。

ウェットタイプ

生タイプのキャットフードです。水分含有量はもっとも高く75パーセント以上となっております。
野生が好む食事状況にもっとも近いため、食いつきがよいことを特徴としています。
肉や魚がそのまま入っていたり嗜好性を刺激するポイントが多いため、猫にとってのごちそうといえるでしょう。その製造工程から価格は比較的割高となっています。

歯や口に食べた後に残りカスが目立つため、長期にわたって与えすぎると、各種歯の疾患や口臭の原因にもなりえます。

一般に栄養面においてはドライフードにゆずる部分があるため、常食として採用することはあまりありません。毎日の食事に与えたいのであれば総合栄養食とされているウェットフードを選ぶと良いです。

アルミやパウチなどで販売されていることが多いです。
一食食べきりサイズを利用すれば、いちいち与える分量をはかる手間も省略できます。
おねだりに負けて与えすぎてしまったりといったことも防ぐことができるでしょう。
残した場合の保存方法は冷凍が適切です。

栄養価による違い

テーブルに置いてあるフォークとナイフ

総合栄養食

猫が一般的に必要とするすべての栄養基準を満たした食事をさします。
毎日のごはんに適切な種類のフードです。
総合栄養食と認められたキャットフードと、きれいな飲料水を与えるだけで、さまざまなステージの成長と健康を保つことができるように設計されています。

ブランドごとに多種多様なこだわりを持っているため飼い主の理念や猫の健康状態を考えて適切なものを選んであげましょう。毎日の主食には総合栄養食を選んであげることをおすすめいたします。

一般食

ふりかけやトッピングなどのおかずをさします。
総合栄養食と違って、それだけを食べ続けていては健康的な問題が出てきてしまいます。
あたえるときには総合栄養食と一緒にブレンドしてあげるとよいでしょう。

フードの種類を間違えないようにラベル等をチェックしてあげると買い間違いを防げます。
食欲が欠けてきた愛猫にバラエティ豊かな食事を用意してあげたいと考える飼い主さんの力になってくれる選択肢です。

おやつ(スナック)

猫の嗜好性を強く刺激します。充分な栄養がこめられていないため、これを食事としてしまうことはおすすめできません。
ちょっとしたご褒美や遊びのギミックなどコミュニケーションとして取り入れるのがよろしいかと思われます。あげるタイミングや理由を明確にしておくことで無用な催促をふせぐことができます。

療法食

別名として「食事療法食」「特別療法食」などと呼ばれることもあります。
特定の疾患にあわせた食事療法として栄養バランスが調整されたフードです。

何らかの病気にかかってしまったばあい、その症状を悪化させるような栄養素を抑える必要があります。また、病気の治療に効果の高い栄養素があるのなら、とりいれるべきです。
ヒトの場合でも糖尿病や内臓疾患などで食事制限や調整をするように、ペットに対してもそうした対応が望まれます。

理想をいえば飼い主さんが病気にあわせた栄養を考えて毎日手作りをしてあげるのがよいのでしょうが、なかなか難しいといった方が多いと思われます。
そうしたときには療法食を選ぶのが効果的です。

る病気と間違った療法食を与えてしまうと逆効果になってしまう可能性があるため、獣医師のアドバイスが必須となっております。
万が一のときに力になってくれるフードです。

プレミアムフード

プレミアムフードは総合栄養食でありながらも特に高い品質でつくられたフードをさします。
ほとんどの場合がヒューマングレード(人間が食べても安全なフード)であり、身体に悪い添加物などは抑えられています。
愛する猫にとって理想の食事とは何だろうかと探求をかさねていけば自然とたどりつく場所でもあります。
家族の安全と健康を守るために、毎日の食事はぜひプレミアムフードを検討してあげたいところです。

関連記事

最近のコメント

    アーカイブ

    ページ上部へ戻る